自動デイサービス まはろ沖縄

コラム

コラム

放課後等デイサービスの言語聴覚士・作業療法士・理学療法士の役割~宜野湾市の児童デイサービスまはろの場合

みなさんは放課後等デイサービスにはリハビリ専門職が働いていることをご存じでしょうか?
放デイにはリハビリ専門職が配置されている事業所とそうでない事業所があります。

本コラムでは、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などの専門職の役割や、児童デイサービスまはろにおける取り組み内容について紹介しています。
放課後等デイサービスのリハビリ専門職について知りたい方はぜひ参考にしてみてください!

 

放課後等デイサービスにリハビリ職は必要?

 

放課後等デイサービスではリハビリ職は必須とはなっていませんが、機能訓練を実施する場合は配置が必要です。
また、より専門的で子どもの発達に合わせた療育を行うなら、専門知識を持つリハビリ職の配置が望ましく、どの事業所でも専門職配置に力を入れています。

 

放課後等デイサービスで働くスタッフは?

放課後等デイサービスにはさまざまな職種のスタッフが働いています。
ここでは働くスタッフの種類を簡単に説明します。

児童指導員・保育士

児童指導員や保育士は、個別支援計画に基づいて子どもたちの生活をサポートする職種。
放課後等デイサービスでは、子どもたちに直接療育を行ったり、一緒に遊んだり、相談に乗ったり、子どもたちの一番そばで関わり、直接支援してくれるスタッフです。

リハビリ専門職

放課後等デイサービスで働くリハビリ専門職はおもに、

・理学療法士
・作業療法士
・言語聴覚士

の職種があります。
リハビリ専門職は配置が義務付けられていないため事業所に必ずいるわけではありませんが、リハビリ専門職がいるとより専門的な療育を行うことができます。

児童発達支援管理責任者

児童発達支援管理責任者はサービス提供のプロセス全体を管理するスタッフ。
具体的には、個別支援計画の作成支援、保護者への相談支援、支援に関わる担当者との連絡調整、スタッフの育成や指導など、事業所のリーダー的存在です。

 

放課後等デイサービス リハビリ専門職はどんなことをする?

ここでは放課後等デイサービスのスタッフのうちリハビリ専門職について、その種類や役割、どのような支援をしてくれる職種なのか解説します。

理学療法士の行う支援は?

理学療法士は、病気やけが、障がいなどで身体機能が低下した人に、基本的な運動能力や身体機能の回復のためにリハビリテーションを提供する職種です。
「起きる」「立つ」「歩く」など基本的な動作を獲得するためのリハビリなら理学療法士が専門になります。

身体機能評価や分析

理学療法士は動作や運動機能の専門家です。
理学療法士がいることで、対象の子どもの身体機能を正しく評価、分析することができます。
放課後等デイサービスには小学生から高校生までの子どもが通っており、体の成長具合は一人ひとり違います。
また子どもが抱えている障がいや発達の遅れもそれぞれで、一人ひとりに合わせた支援を行うのは簡単ではありません。

理学療法士がいれば、

「どのぐらい動かせるのか」
「どこまでできるようになるのか」

など子ども運動機能や潜在能力を適切に把握してくれます。

個別での機能訓練

放課後等デイサービスでは、個別や集団でさまざまな療育支援を行っています。
そのなかで理学療法士は個別での機能訓練も行います。
少しずつ発達、成長していく子どもたちに、個々に合わせた専門的な身体機能訓練を提供しています。

ご家族へのアドバイス

ご家族の方は、子どものことでさまざまな不安や負担を感じることがあります。
理学療法士は、身体機能面を中心に子どもとの関わり方や介助方法などのアドバイスを行います。
専門的な知見から適切なアドバイスが受けられるのも、理学療法士が在籍しているメリットの一つです。

環境づくりの提案

理学療法士は生活環境づくりも支援します。
一人ひとりの子どもに合わせて、福祉用具や移動用具を選定したり、状態に合わせて玄関やトイレ、浴室、移動動線など、環境整備へのアドバイスをしたりもします。

作業療法士の行う支援は?

作業療法士は、日常生活の「作業」に焦点を当てて、治療やリハビリを行う職種。
日常生活の具体的な作業「食べる」「入浴する」「家事」「仕事をする」がスムーズに活動できるように、実際の作業動作を通してリハビリやサポートを行っています。

生活動作の練習

日常生活の動作が苦手な子どもには、食事や着替えなど実際の動作を行いながら、その活動ができるように機能訓練を行います。
身につけたい具体的な動作を実際に行うため、動作獲得がしやすく、一人ひとりに合わせ個別で行う場合もあります。

遊びやスポーツを通して成長を支援

放課後等デイサービスでは、子どもたちが楽しみながら活動できるように、遊びやスポーツを行うなかで療育活動を行うことが多くなっています。

活動は集団がおもで、具体的には、

・スポーツを通して体力、身体機能の向上を図る
・工作活動や調理で手の動きを高め、その活動ができるようになる
・集団レクリエーションでコミュニケーション能力や協調性を身につける

などを行います。

ご家族へのアドバイス

作業療法士は保護者の不安や困りごとの相談にも乗ります。
作業療法士ならではの視点で、運動機能や生活動作、行動、情緒、学習など、子どもの現在の状況や、生活住環境の保護者の不安や困りごとについて、アドバイスも行っています。

理学療法士と作業療法士の違いは?

理学療法士は「起きる」「歩く」など、身体的な機能の基本的な動作を回復させることで、日常への復帰を支援するリハスタッフ。
作業療法士は「排泄」「着替え」「仕事」など日常生活の具体的な行動を改善させることで、日常や社会復帰を支援するリハスタッフです。
身体機能に直接アプローチするか、日常生活動作の改善にアプローチするかに違いがありますね!

言語聴覚士の行う支援は?

言語聴覚士は、病気や障がいなどで言語機能や摂食嚥下機能に低下がある人に対して、言語訓練や摂食嚥下訓練を行う、「話す」「聴く」「食べる」のスペシャリストです。
児童の発達支援では、言葉の発達の遅れへの訓練や食べるためのリハビリなどを行います。

言語聴覚の機能評価

保護者やその他の支援者から状況を聞いたり、検査や状況観察をしたりすることで、子どもの現在の状況や機能評価を行います。
言語聴覚士の専門性を活かし、正確な評価を行うことで、一人ひとりに適切な支援方針や支援内容が決定できます。

話すための訓練

言語障がいなど話す能力の発達に遅れがある子どもには、コミュニケーション能力の向上や言葉の理解を促すため、個別または集団で訓練を行います。
具体的には、

・舌をうまく動かす運動
・発声練習
・文章を声に出して読む
・書き取り

など一人ひとりの段階に合わせて実施します。

聞くための訓練

聞くことが苦手な子どもには、落ち着いてゆっくり聞くことの訓練を行います。
具体的には、

・聞き取りの練習
・会話の練習
・手話など代替コミュニケーションの獲得
・補聴器の調整や使い方の説明

など適切な聞き取りができるようにサポートします。

食べるための訓練

嚥下や咀嚼に障がいがあり、うまく食べられない子どもには、摂食、嚥下の訓練を行います。
具体的には、

・口腔体操
・嚥下訓練
・正しい食事の姿勢の指導
・食事用自助具の選定

など、安全に美味しく食べられるための支援を行います。

ご家族へのアドバイス

言語聴覚士はご家族へ以下のような支援を行います。

・適切なかかわり方
・コミュニケーションの取り方
・自宅でできる訓練の紹介
・補聴器に関する支援
・食事用自助具の提案
・保護者のストレスや心のケア

コミュニケーションから食事まで、言語聴覚に関するアドバイスに乗るのも言語聴覚士の支援内容の一つです。

 

宜野湾市の児童デイサービスまはろの専門スタッフとは?

ここからは沖縄県宜野湾市の児童デイサービスまはろのリハビリ専門スタッフについて紹介します。

児童デイサービスまはろとは

児童デイサービスまはろは、未就学〜高齢者まで幅広く福祉事業を展開している株式会社ライフデザインが運営する放課後等デイサービス。
沖縄県宜野湾市を中心に4か所の事業所があります。

まはろの特徴は、多彩な専門プログラムと充実した専門スタッフ配置!
成果につながる専門性の高い療育を、理学療法士や言語聴覚士などの専門スタッフのもとで受けられるのが魅力です。

専門スタッフの配置が十分ではない事業所も多い放課後等デイサービス事業のなか、まはろでは全事業所に理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などのリハビリ専門スタッフが多数在籍。
日常生活や社会生活に必要な技能を、専門性の高い適切な療育でぐんぐん伸ばすことができます。

まはろにおけるリハビリ専門職の取り組み

ここからは児童デイサービスまはろにおけるリハビリ専門職の取り組みを紹介します。

利用児童と支援の状況

利用されている児童は、「言葉の遅れ」「発音が不十分」「姿勢が保てない」「運動が苦手」「細かい作業が難しい」「感情が不安定」などの状況が見られます。

また、

“うまく話せるようになってほしい”
“姿勢を正して欲しい”
“靴紐を結べるようになってほしい”

などの保護者からの希望も受けており、現在まはろでは、このような状況や希望に対して言語聴覚士、理学療法士、作業療法士、心理指導員が他職種と協力しながら療育しています。

理学療法士の取り組み

理学療法士は、おもに基本動作能力の回復を図るために治療やリハビリを行います。
まはろの理学療法士がおもに行っているのは、

  • 定期的な体力テスト
  • 怪我や体調不良への応急処置
  • やる気スイッチ・スポーツカリキュラムなどを通した発達過程のサポート

です。
そのほかに、基本動作や運動機能のなかで不得意なこと、例えば、

“姿勢が保てない”
“うまく歩けない”
“縄跳びが苦手”
“ボールを投げることが苦手”

などに対し、筋力トレーニングやストレッチ、バランス練習、基本動作練習などを行ったり、動き方のアドバイスをしています。

作業療法士の取り組み

作業療法士は、精神や身体に障がいがある方に、おもに生活で必要とされる動作「食事」「トイレ」「家事」「地域参加」などが可能となるようにリハビリテーションを行います。
まはろの作業療法士は、

  • 児童の自立のために日常生活動作(食事やトイレなど)の訓練
  • 遊びや運動を通した身体機能、コミュニケーションの発達支援
  • 学習に関する支援
  • 社会生活技能の発達訓練

などを行っています。
また、

“洋服が一人で着られない”
“排泄後に拭き上げが不十分”
“筆圧が薄い”
“ハサミが上手く使えない”

などの児童に対し、機能訓練や、環境や道具の調整も行っています。

言語聴覚士の取り組み

言語聴覚士は、音声機能や言語機能、摂食嚥下機能に障がいがある方に、言語聴覚の訓練を行い、機能の維持改善を図ります。
まはろには、

“言葉の遅れ”
“カ行やサ行が言えない”
“発音が曖昧”
“集中力が乏しい”

などの児童が通っています。
言語聴覚士は、

  • 言葉の遅れや話す、聞く、書く、読むなど練習をする言語訓練
  • 舌、口唇、頬、が正しく運動できるように行う発声発語器官訓練
  • 発音の練習を行う構音訓練
  • 集中力や記憶力面に応じた注意・記憶訓練

などを行っています。

見学&無料体験受付中

 

今回は、放課後等デイサービスのリハビリ専門職の役割について紹介しました。
児童デイサービスまはろには専門的知識を持ったスタッフが多数在籍しており、一人ひとりに合わせた、専門的で充実した療育支援が可能です。

まはろに興味を持たれた方は、ぜひ見学&無料体験をご検討ください♪