自動デイサービス まはろ沖縄

コラム

コラム

放課後等デイサービスの利用料金や利用までの手続きは?宜野湾市の場合を解説

放課後等デイサービのご利用を検討されている保護者のみなさん、利用料金や手続きの手順などはご存じでしょうか?
放デイの利用料や手続きは一見複雑で、戸惑ってしまいがちです。

本コラムでは、沖縄県宜野湾市における放課後等デイサービスの地用料金や手続きはについて紹介しています。
利用料金や手続きについて知りたい方はぜひ参考にしてください。

放課後等デイサービスの利用料金は?

まずは放課後等デイサービスの利用料金について解説します。
放課後等デイサービスの利用料金は、各事業所で決めているわけではなく、各自治体によって定められています。
今回は、沖縄県宜野湾市の利用料金を例に解説します。

宜野湾市の放課後等デイサービスの利用料金

放課後等デイサービスの利用料金は、おおむね1回あたり750円~1,200円です。
放課後等デイサービスは、市町村が発行する受給者証を取得していれば基本的に9割を自治体が負担してくれるため、1割の負担でサービスを利用できます。
利用料金は自治体によって決められており、おおむね1回あたり7,500円〜12,000円なので、その1割で上記のような負担となっています。

利用料の月額上限額とは?

障がい児福祉サービスの利用料金は世帯の所得に応じて上限額が定められているため、上限額以上の支払いは必要なく、利用料の負担はかなり軽減されています。
上限額の設定は以下のとおりです。

【利用者負担上限額】

区分 世帯の収入状況 負担限度額
生活保護 生活保護受給世帯 0円
低所得 市町村民税非課税世帯 0円
一般1 市町村民税課税世帯(通所、ホームヘルプ) 4,600円
一般1 市町村民税課税世帯(入所施設) 9,300円
一般2 上記以外 37,200円

収入が概ね890万円以下の方なら利用料は最大でも月額4,600円。
例えば、1回の利用料金が1,200円で週に3回で月に12回通ったとすると、
1,200円×12回で14,400円となりますが、区分が「一般1」なら4,600円の支払いで済みます。

ほとんどの方が大きな負担なく通うことができますね!

そのほかに別途必要な料金

放課後等デイサービスの基本料以外に、おやつ代や教材費、社会施設見学費用など、施設によって別途必要になることもあります。
大きな金額ではありませんが、施設によって違うためあらかじめ確認しておくとよいでしょう。

放課後等デイサービスの利用手続きは?宜野湾市の場合

続いて、放課後等デイサービスの利用手続きについて、宜野湾市の例をあげて解説します。

放課後等デイサービスの利用手続きの流れ

利用手続きの流れは以下のような手順となります。

  1. 見学・体験
  2. 相談・申請
  3. 計画作成依頼
  4. 受給者証の交付申請
  5. サービス担当者会議
  6. 放課後等デイサービスとの契約
  7. サービス利用

それではひとつひとつ解説していきます。

1.見学・体験

利用したいデイサービスがある場合、まずは見学や体験を利用してみましょう。
見学や体験を利用することで、自分の子どもにそのデイの雰囲気やサービス内容が合っているか確認することができます。

見学や体験と聞くと少しハードルが高そうな気がしますが、どの施設でも快く引き受けてくれるため、気軽に相談してみてください。
そして可能なら複数のデイサービスを体験することをお勧めします。
複数のデイサービスを体験することで、それぞれの良い点やちょっと残念な点がよく見えると思います。

なお、見学・体験時のチェックポイントについては、後ほど細かく説明します。

2.相談・申請

利用したいサービスや施設が決まったら、市役所の障がい福祉課や相談支援事業所へ相談します。
そこで、日常生活や社会生活を送るうえで必要なサービスなどについて、相談できます。

相談の結果でサービスが必要であれば、市の障害福祉課でサービスを利用するための受給者証発行手続きをしていただきます。

3.計画作成依頼

サービスを利用するためには、障がい児利用支援計画の作成が必要です。
支援計画は相談支援事業所に依頼します。
相談支援事業所では、利用者の心身の状況や置かれている環境、希望しているサービスの内容などを確認したうえで、障がい児支援計画を作成していただけます。

4.調査・判定

受給対象となるかどうか調査、判定を受けます。
サービスの対象として判定されるとサービスの利用が可能となります。
この判定結果と相談支援事業所が作成した支援計画を踏まえ、市はサービス量や有効期間を決定し、受給者証が交付されます。

5.サービス担当者会議

相談支援事業所を中心に、利用者やサービス提供事業所が集合しサービス担当者会議が開かれます。
サービスの利用者は、作成された支援計画を確認し、現在の状況や希望内容などを伝えるようにしましょう。

6.放課後等デイサービスとの契約

利用するサービス事業所(放課後等デイサービスなど)と契約します。
契約時には、サービス内容や利用料金、利用する曜日や送迎などについて細かく説明していただくので、気になることはここで確認しておきましょう。

7.サービス利用

契約を完了するとサービス利用開始です。
ちょっと複雑なようですが、市の担当者や相談支援事業所が進めてくれるため、初めてでも安心して準備ができます。

放課後等デイサービスを利用するなら見学や体験をしよう!

 

ここからは放課後等デイサービスの見学や体験のポイントを紹介します。

見学や体験のメリット

放課後等デイサービスと言っても、そのサービス内容は事業所によって大きく違います。

サービスの面で言えば、運動療育に力を入れている事業所もあれば、学習系、就職を目指した療育支援などさまざまです。
また放課後等デイサービスの利用児童は小学生から高校生と幅が広く、自分の子どもと同年代の子が多く通っているかどうかもわかりませんし、やはり同性の利用者が多い方がお友達もできやすいこともあります。
当然、実際の事業所やスタッフの雰囲気も確認しておきたいところですよね?

このように、利用してみないとわからないことはたくさんありますので、放課後等デイサービスの利用に際してはできるだけ見学や体験利用をおすすめします。

見学や体験時のチェックポイント

せっかく見学や体験をするなら、確認すべきことはしっかり確認しておきたいですよね。
ここでは、見学や体験利用をするときのチェックポイントを紹介します。
見学や体験時の参考にしてみてください。

自分の子どもに合うか

先にも少し触れましたが、自分の子どもに合うかどうかは必ず確認しておきましょう。
具体的には、

・子どもに合った療育が受けられるか?
・同年代などお友達になれそうな子は多いか?
・支援の必要度が高い場合、しっかり補助してもらえるか?

などはぜひ確認しておきたいところです。

働いているスタッフの対応

働いているスタッフの対応はサービスの質に直結します。
働いているスタッフの子ども達への関わり方や、スタッフ同士の雰囲気は確認必須です!
またスタッフの雰囲気だけでなく、スタッフの人数が少ないと十分な対応ができないこともあります。
スタッフ体制や利用者数に対して基準を満たす人数が在籍しているかも確認しましょう。

利用されている子どもたちの様子

利用している子どもたちの様子も必ず確認しておきましょう!
具体的には、

・楽しそうにしているか?
・真剣に療育に取り組めているか?
・友達同士仲が良いか?

などを確認しておくと、自分の子どもが利用したときに楽しみながら適切な療育が受けられるかもしれません。

また曜日ごとに利用している子どもは違うため、曜日によってガラッと雰囲気が変わることも・・・。
自分の希望している曜日に見学や体験をしたり、希望している日の様子を聞いたりすることも大切です。

いつから利用できるのか

自分の子どもにぴったりで、すべてが叶うデイサービスはなかなか見つからないもの。
さらに良い施設ほど定員いっぱいのことが多いです。
見学や体験利用をしたときは、「いつから利用できるのか?」「希望の曜日に定員は空いているのか?」などは確認しておきましょう。

実施しているカリキュラムの内容を聞いておく

最近の放課後等デイサービスでは、利用している子どもたちに合わせて、たくさんのカリキュラムを用意しています。
ただ先にも少し触れましたが、どの事業所にも力を入れている分野があり、それが自分の子どもに合っているか確認することはとても大切です。

カリキュラムは、集団で行われるもの、個別で行われるものがあり、具体的には、以下のような内容で実施しています。

  • 運動プログラム
  • 学習プログラム
  • 就職支援プログラム
  • 体験学習
  • SST(ソーシャルスキルトレーニング)
  • 制作活動
  • 自立支援プログラム

ほかにもたくさんのカリキュラムがあるため、見学体験時には、どんなことをしているか確認しておきましょう。

施設の設備

施設の設備についても確認しておくとよいですね!

・施設は十分遊べる広さか?
・照明の明るさや騒音は?
・遊具や周辺環境は安全か?
・身体が不自由な場合、段差や手すりなどは適切か?

などについて確認しておくと安心です。

見学&無料体験受付中!

今回は、放課後等デイサービスの利用料金や手続きの方法を解説しました。
利用を考えておられる方の参考になれば幸いです。

児童デイサービスまはろは専門療育プログラムが充実し、リハビリ職も多数在籍!
見学&無料体験もどんどん受け付けています。
気になった方はこちらからどうぞ!