自動デイサービス まはろ沖縄

コラム

コラム

放課後等デイサービスにはどんな職員が何人くらい配置されている?那覇の児童デイサービスまはろの事例紹介も

発達障がいと診断される子どもは、年々増加傾向にあります。それにともなって那覇市内でも放課後等デイサービスが多数設立されるようになりました。

放課後等デイサービスには職員の配置基準が定められており、その基準に従う必要があります。
しかしどのような資格を持つスタッフが子どもたちをサポートしているのか知らない、という方も多いのではないでしょうか。

この記事では、放課後等デイサービスにどのような職員が何人くらい配置されているのかを解説しています。
また、児童デイサービスまはろの事例をもとにどのような療育が行われているかもご紹介しています。

放課後等デイサービスとは


放課後等デイサービスは心身に障がいを抱えていたり、発達に特性がある6歳(小学1年生)~18歳の子どもが、放課後や長期休暇に通う支援施設です。
自閉症やアスペルガー症候群、ADHD(注意欠陥・多動性障がい)、LD(学習障がい)を抱えた子どもたちも多く通っています。

放課後等デイサービスでは学習やスポーツ、SST(ソーシャルスキルトレーニング)などを通して、子どもたちの抱えている困り感の解消や障がいとの付き合い方を支援しています。
事業所ごとに力を入れている療育分野が異なるのも特徴です。

放課後等デイサービスにはどのような職員がいるの?


放課後等デイサービスでは安全で質の高い療育を提供するため、配置する職員の資格や人数が定められています。
ここでは職員の種類や、配置が義務付けられている人数について解説します。
那覇・宜野湾の児童デイサービスまはろの人員配置の特徴もご紹介します。

児童発達支援管理責任者

児童発達支援管理責任者(児発管)は、放デイで提供される支援サービス全般を統括しています。
現場において、実質的なリーダーといって良いでしょう。
1人以上が専任で業務にあたるよう定められています。

児発管の大切な仕事のひとつとして、個別支援計画書の作成が挙げられます。
個別支援計画書は療育の方向性や内容を決めるうえで非常に重要な位置を占めており、作成には幅広い知識や経験が必要です。
児童発達支援管理責任者は保護者様と直接面談(アセスメント)を行い、「どのようなことに困難や不安を感じているか」「お子様が得意としていること、伸ばしていきたいことは何か」などを丁寧にヒアリングして、それぞれの成長や特性に合わせた個別支援計画書を作成します。

作成した計画は約6カ月ごとに見直し(モニタリング)が行われ、きめ細かな調整が行われます。
現場のリーダー的存在となるため、比較的キャリアの長いベテラン職員が資格を取得して業務にあたるケースが多いです。

児童指導員

児童発達支援管理責任者の作成した個別支援計画書に基づき、実際に子どもたちへの支援やサポートを行うのが児童指導員です。

放課後等デイサービスにおいては、勉強や集団生活で必要なルールの訓練を行うなど療育全般を担当しています。
時には相談に乗ったり一緒に遊んだりするなど、子どもたちにとって学校とも家庭とも違う、身近で頼れる存在であることを目指しています。

児童指導員として働くには、大学や大学院の心理学、教育学、社会学部を卒業していることや教員資格を有していることなど、児童教育や療育のプロであることが求められます。
利用する子ども10名に対して児童指導員2名(うち1名は常勤)を置くことが定められていますが、これはあくまで最低限これだけは置かなくてはいけないという人数です。

児童デイサービスまはろではこの規定よりも多くのスタッフを配置しており、子どもたちによりきめ細かな療育を提供できるサポート体制を整えているのが特徴です。

リハビリ担当職員

障がいを抱えた子どもたちの中には、身体の使い方について困り感を抱えているケースがよくみられます。
児童デイサービスまはろでは、全事業所にリハビリ専門職を配置するという沖縄県内でも珍しい取り組みをしています。

この場合のリハビリ専門職とは理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の3つを指します。
いずれも国家資格に合格して取得する資格で、歩行や指先の動き、発語など基本的な生活に関わる機能の向上に対して幅広い専門多識を有しています。

リハビリ専門職というと高齢者施設や病院のイメージがあるかもしれませんが、障がいを抱えた子どもたちの心身の発達を支えるうえで、リハビリ専門職の高い知識は必要不可欠です。
ここではどのような専門職がまはろで働いているかご紹介したいと思います。

理学療法士

理学療法士は病気や障がい、事故などで運動機能が低下している方に対し、具体的には運動療法(歩行訓練や動作練習など)や温熱療法(電気や牽引などの物理的手段)を用いて、自立した生活が送れるようサポートする専門職です。

「立つ」「歩く」など基本的な機能を身につけるため、まはろでは理学療法士が子どもたちの状態に注意深く目を配っています。必要に応じて個別でのトレーニングも行っています。

作業療法士

作業療法士は日常生活動作の獲得をサポートする専門職です。

理学療法士が「立つ」「歩く」などの基本的な動作を担当するのに対し、作業療法士は「トイレを使う」や「着替え」「食事」など、より実践的な動作を対象しているのが特徴です。
理学療法士は身体機能そのものに、作業療法士は具体的な生活動作にアプローチするといえるでしょう。

児童デイサービスまはろでは施設内での着替えや食事を通して、その行動に苦手意識を持つことなく自然に身に着けられるようトレーニングを行っています。

言語聴覚士

言語聴覚士は「聞く」「話す」などコミュニケーションに関する能力や、摂食嚥下機能(ものを噛んで飲みこむ)に関するリハビリテーションを行う専門職です。
思うように自分の思うことを伝えられないという背景には、「聞く」「話す」などの能力に遅れがある場合と発声や発音に障がいがある場合、あるいはその両方が関係しているケースも多いものです。

言語聴覚士はそれぞれの発達に合わせて、トレーニングを行います。

リハビリ専門職が在籍していることでどんなメリットがある?


放課後等デイサービスにリハビリ専門職が常駐していることで、どのようなメリットが得られるのでしょうか?

機能評価

理学療法士や言語聴覚士の行う専門業務のひとつとして「機能評価」が挙げられます。
機能評価とは子どもの身体機能を「いまできること」「どこまでできるようになるか」「そのために必要なこと」を発達状況や障がいの度合いに合わせて評価・分析することです。

児童デイサービスまはろには定員に対して基準よりも多くスタッフを配置しており、より細かい部分まで子どもたちに目を配ることができます。
そのうえで専門家の視点から子どもに必要な訓練や支援を適切に把握できるのは、非常に大きなメリットがあるといえるでしょう。

家族へのアドバイス

障がいを持つ子どもを持つご家族の中には、さまざまな不安や疑問を相談できずにお困りの方も多いです。

リハビリ専門職は身体機能面や言語聴覚面のスペシャリストとしてご家族からの相談に対応し、子どもやご家族が安心して暮らせるような環境づくりや自宅で行えるトレーニングなどのアドバイスを行っています。

児童デイサービスまはろでの療育


児童デイサービスまはろでは、幅広い専門知識を持つスタッフがさまざまな療育プログラムを提供しています。

やる気スイッチグループ監修による身体を正しく動かすための運動カリキュラム
医療リハビリ施設との協働によって開発したプログラムによるSST(ソーシャルスキルトレーニング)
障がい児の学習に特化した専用ソフトを用いた学習支援

放課後等デイサービスにご興味を持たれた方は、ぜひ児童デイサービスまはろまでご相談ください。

お困りのことや伸ばしていきたい部分についてお聞きしながら、私たちが提供できる支援やトレーニングについても丁寧にご説明させていただきます。